このページの先頭です

永久脱毛ができる!医療脱毛クリニックのメリットとは

255views

投稿日:

光脱毛とレーザー脱毛

脱毛の方法には大きく分けて二種類の方法があります。それが光脱毛とレーザー脱毛です。この二つは基本的な仕組みは同じです。体のメラニン色素、つまり黒い組織ということですが、脱毛機器はこれを認識し、光を照射します。毛根に光が照射されると、毛根はダメージを受け、抜け落ちるというわけです。

結果、脱毛が行えるということになります。ただ、この仕組みは光脱毛とレーザー脱毛両者に当てはまることですので、違いはありません。いったい何が違うのかというと、光脱毛とレーザー脱毛では、光の強さが違うのです。

光脱毛の光は出力できるパワーが弱く、レーザー脱毛のほうが高いという、大きな差がこの両者にはあります。この違いを知っておかないと、光脱毛とレーザー脱毛のどちらかを選ぶ際に、正しく選べなくなってしまうため、必ず覚えておきましょう。

レーザー脱毛のほうが高い効果を得られる

光脱毛とレーザー脱毛では光の強さが違うのですが、光の強さが違うということは、それだけ毛根に与えるダメージの量が違うということです。つまり、レーザー脱毛のほうが、より毛根にダメージを与えることができ、脱毛効果も高くなるということになります。これが、レーザー脱毛の大きなメリットなのです。

ただし、レーザー脱毛はその分痛みが強いという側面もあります。逆に光脱毛は、レーザー脱毛ほど痛みは少ないというメリットがありますが、その分効果は弱くなってしまうのです。そのため、より高い脱毛効果を得たいという人は、レーザー脱毛のほうがおすすめです。

脱毛サロンでレーザー脱毛は受けられない

レーザー脱毛のほうが脱毛効果が高いので、レーザー脱毛を受けたいという人も多いでしょう。ただ、ここで注意しておかなければならないのは、レーザー脱毛は脱毛サロンでは受けられないということです。なぜなら、レーザー脱毛は医療行為と認定されているからです。医療行為を行う人間は、資格を持った医療従事者でなければならないと法律で決められています。

脱毛サロンにいるのは、医療従事者ではないため、医療行為であるレーザー脱毛を行うことはできないのです。実際に世の中には多くの脱毛サロンがありますが、レーザー脱毛を行っている脱毛サロンは一つもありません。

あったとしても、それは違法行為となりますので、通報すればすぐに逮捕されます。そのため、レーザー脱毛を受けたい人は、脱毛サロンを選ぶべきではないということになるのです。

レーザー脱毛は医療脱毛のみ

脱毛サロンでレーザー脱毛は行われていませんが、医療脱毛を行っている、医療脱毛クリニックや美容整形外科であれば、レーザー脱毛が行われています。そのため、レーザー脱毛を希望する人は、このような場所で相談するということが、脱毛を選ぶ最初のステップになるのです。

医療従事者しか、レーザー脱毛を行えないのは、それだけレーザー脱毛が、扱いを間違えると危険なものだからです。光が目に照射されれば失明することもありますし、粘膜に光が照射されると、皮膚のただれや火傷を引き起こしてしまいます。

医療脱毛クリニックであれば、しっかりとした知識を持った医療従事者が、そうならないように施術をしてくれますし、万が一、トラブルがあっても、適切な対処をすることができるため、レーザー脱毛は医療脱毛クリニックでしか行われていないのです。

そのため、レーザー脱毛を受けたい人にとっては、医療脱毛クリニックを選んだほうが、メリットが大きいということになります。

永久脱毛ができる

実は永久脱毛ができるのは、医療脱毛クリニックのみです。というのも、脱毛サロンでは永久脱毛どころか、永久脱毛という言葉を使用することすらできない事情があるからです。そもそも永久脱毛とは、「脱毛後、1ヶ月経過した時、ムダ毛が再生した割合が20%以下である脱毛」のことを指します。

脱毛サロンで行われている光脱毛では、この定義に当てはまらないため、永久脱毛を行うことはできませんし、法的にも永久脱毛という言葉を使用することができないのです。それに対してレーザー脱毛は、永久脱毛の定義に当てはまる脱毛方法ですので、永久脱毛を行うことができます。そのため、永久脱毛をしたいという人は、医療脱毛クリニックのほうがおすすめです。

そもそも脱毛ですらない

脱毛サロンでは、よく脱毛という言葉を使い、様々な広告が打ち出されています。それを見れば、当然、誰もが脱毛サロンでも脱毛することができる、と思ってしまいますが、正確に言えば光脱毛の脱毛は、減毛と呼ばれるものなのです。

つまり、ムダ毛が薄くなったり、少なくなったり、生える速度が遅くなる、これが脱毛サロンで行われている脱毛なのです。厳密に言うと、脱毛ですらないということになります。

永久脱毛と言っても完璧ではない

脱毛サロンの脱毛は減毛で、医療脱毛クリニックは永久脱毛、という言い方をすると、レーザー脱毛は完璧、というイメージを持ってしまいますが、レーザー脱毛も完璧ではありません。永久脱毛の定義にもあるように、時間が経過すれば、一部、ムダ毛が再生してしまうこともあるのです。

そのため、一度施術を受ければ、一生、ムダ毛処理をする必要がなくなる、というわけではありません。勘違いしないようにしましょう。とはいっても、光脱毛に比べれば、レーザー脱毛で得られる脱毛効果は高いです。できるだけ高い効果を得たい、永久脱毛をしたい、という人は、医療脱毛クリニックがおすすめであることは変わりありません。

早く脱毛できる

レーザー脱毛が行われる医療脱毛クリニックは、早く脱毛できるというメリットもあります。先に紹介したように、光脱毛は光の出力が弱く、レーザー脱毛は高いです。それは効果の違いにも現れるのですが、効果が高いということはそれだけ早く脱毛効果が現れるということになり、結果として施術期間も短くて済むのです。

光脱毛の場合、同じムダ毛に何度も光を当てなければ、効果が得られないというデメリットがあります。そのため、必然的に時間がかかるようになってしまうのです。

期間が倍ほど違う

光脱毛の施術が開始されてから、完了するまでの期間は、おおよそ二年です。それに対して、レーザー脱毛であれば、一年ほどで施術を完了することができます。倍ほど施術期間が変わるため、早く脱毛を完了させたいという人や、長い期間何度も通うのが面倒という人には、医療脱毛クリニックのほうがおすすめです。

痛みや効果という部分も重要ですが、期間にも注目して、光脱毛とレーザー脱毛を選ぶようにしましょう。

施術回数も少ない

レーザー脱毛のほうが期間は短くなるのですが、施術回数もレーザー脱毛のほうが少なくなります。光脱毛の場合、二年間に15~20回程度の施術を受けなければなりません。しかし、レーザー脱毛を行っている医療脱毛クリニックであれば、一年で5~6回の施術で済むのです。何度も脱毛をするために、サロンに出向くというのは意外と面倒なものです。

それを二年間続けなければならないということを考えると、様々な予定との兼ね合いも考えなければならなくなります。レーザー脱毛であれば、期間としても回数としても少ないため、クリニックに通うのが大きな負担となることはありません。これも医療脱毛クリニックの大きなメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です