このページの先頭です

痛いって本当?医療脱毛の心配なポイントを徹底解説

263views

投稿日:

医療脱毛は痛い?

医療脱毛は痛い、というのはよく言われることです。脱毛方法の選択肢としては、光脱毛とレーザー脱毛があります。光脱毛は照射される光が弱く、レーザー脱毛は強い、という違いがあるのですが、レーザー脱毛の場合、光が強い分、痛みを強く感じてしまうのです。

部位や毛の濃さによって痛みの強さは変わりますが、人によっては、痛みを我慢することができず、涙を流してしまったという人や、途中で施術をキャンセルしたという人もいるほどなのです。このような話は巷に溢れているため、レーザー脱毛を行う医療脱毛は痛い、というイメージを多くの人が持っています。

痛くない機器も登場している

医療脱毛は昔から痛いと言われ続け、実際に相応の痛みを感じる脱毛でした。しかし、最近ではレーザー脱毛の中でも様々な機器が誕生しており、少ない痛みで脱毛できるレーザー脱毛機器も増えているのです。

これまで痛いと言われていたレーザー脱毛は、アレキサンドライトレーザーです。アレキサンドライトレーザーは想像の通り、それなりの痛みを感じてしまいます。そのため、痛みを感じたくないという人にはおすすめできません。

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは人によって感じ方は違いますが、アレキサンドライトレーザーの痛みの約3分の1程度しか痛みを感じないという、新しいレーザー脱毛機器です。ただ、光脱毛と比べれば、痛みは強くなってしまいます。しかしそれでも、これまでのレーザー脱毛に比べれば、かなり痛みが軽減されるため、効果も得たいし、痛みも感じたくないという人にはおすすめです。

ダイオードレーザーの中には、ライトシェアデュエットやソプラノという、さらに痛みが軽減されるレーザー脱毛機器もあります。効果が落ちる、という側面もありますが、痛みが少ないという大きなメリットもあるため、一度試してみるのも良いでしょう。

メディオスターNeXT

メディオスターNeXTも痛みが少ないと評判のレーザー脱毛です。人によっては、光脱毛よりも痛みが少なかったという感想を言う人もいるほど、痛みが軽減されているのです。

ただ、メディオスターNeXTは最新の機器ですので、導入している医療脱毛クリニックが少ないというデメリットがあります。それ以外のポイントに関しては、効果もしっかりありますし、痛みも少ないため、メリットは大きいです。

医療脱毛の効果は?

脱毛を行う上で一番心配なのは、本当に効果が得られるのか、ということでしょう。全身脱毛となれば、それなりのお金を支払わなければなりません。それだけのお金を支払って、効果がほとんど得られないということになると、洒落にならない話ですので、やはり効果については気になるものです。

医療脱毛で行われるレーザー脱毛には、様々な種類の機器がありますが、基本的には光脱毛よりも効果は高いです。しっかりと永久脱毛を行うことができるため、効果という面での心配はする必要がないでしょう。光脱毛の際には、効果を心配する必要がありますが、レーザー脱毛は基本的に効果が高い脱毛方法です。安心して施術を受けましょう。

永久脱毛の意味を履き違えないこと

医療脱毛であれば永久脱毛を行うことができますが、そもそも永久脱毛の意味を履き違えている人も多くいるため、ここでしっかりと本当の意味を覚えておきましょう。永久脱毛とは、永遠に毛が生えてこない脱毛、ではありません。永久脱毛とは、施術をしてから一ヵ月後に毛の再生率が20%を超えていない脱毛、のことを言うのです。

つまり施術後、少しだけ毛が生えてきても、それが20%以下であれば、永久脱毛は成功している、ということになります。勘違いしている人も多いので、しっかりと覚えておきましょう。

永久保証があれば安心

どうしても効果について不安が残るということであれば、永久保証がついている医療脱毛クリニックを選ぶようにしましょう。脱毛の契約をする際には、施術を受けられる回数が決まっています。しかし、もしもその回数分の施術を受けたにもかかわらず、満足できる効果が得られなかった、という場合、本来ならば追加料金を支払い、また施術を受けなければなりません。

永久保証がついていれば、このような場合でも、無償で施術を受けることができるようになります。永久保証の期間については、クリニックによって差がありますが、期間内であれば満足するまで施術を受けられるため、効果が心配という人におすすめです。

医療脱毛は高額?

医療脱毛は高額だ、とよく言われますが、これは本当のことです。全身脱毛の金額だけを比べると、それほど大差ないような印象も受けるのですが、脱毛サロンなどではキャンペーンなどが定期的に行われており、数千円でワキ脱毛を行えることもあります。医療脱毛ではそこまで安くなるということはないので、金額という面でのメリットはあまりないのです。

本当に高いと言えるのか?

医療脱毛は脱毛サロンの料金に比べれば高額ですが、はたして本当の意味で高額なのでしょうか。脱毛サロンでは確かに安く脱毛を行うことができますが、医療脱毛クリニックに比べれば、脱毛効果は低いです。そのため、少し時間が経ったら、また脱毛を受けなければいけなかったり、満足できる効果を得られなかったり、ということがあるのです。

医療脱毛クリニックの場合、脱毛サロンに比べれば脱毛効果ははるかに高いため、多くの人が脱毛効果に満足するでしょう。毛の再生率も脱毛サロンよりは低いため、脱毛を受けなければならない頻度は少なくなります。

繰り返し施術を受けなければならない脱毛サロンと、そうではない医療脱毛クリニック、これを考えれば、値段的にも医療脱毛クリニックのほうがお得です。脱毛にかける時間も少なくて済むため、考え方によっては、医療脱毛のほうがメリットは大きいということになります。

肌トラブルが起こる?

医療脱毛を行う上では、肌トラブルが起こるのではないか、という心配もしてしまうものです。確かに、脱毛サロンの光脱毛に比べれば、医療脱毛で肌トラブルが発生する確率は高いでしょう。なぜなら、医療脱毛は効果が高い分、それだけ強い光を使用しているからです。

光が強いということは、それだけ毛根に大きなダメージを与えられるということになるのですが、ダメージは毛根だけではなく、近くの皮膚にも与えられてしまいます。結果、そこから菌が入り込み、ニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

「良薬は口に苦し」という言葉もありますが、高い効果を得るためには、それなりのリスクというものも必要でしょう。肌トラブルのリスクが高いという事実は変えられないため、ここは目を瞑るしかないポイントです。

トラブルに対処できる環境

医療脱毛は脱毛サロンに比べれば肌トラブルが起こる可能性は高いですが、基本的にほとんどの人は肌トラブルが発生することなく、施術を終えます。事前に肌の強さなどを確認して、その人にあった施術を行うからです。そして、万が一、肌トラブルが起きたとしても、ほとんどの医療脱毛には肌トラブル保証がついているため、医療費を負担する必要はありません。

さらに、医療従事者だらけの環境ですので、正しい対処を行ってもらうこともできます。脱毛サロンの場合、肌トラブルが発生すると、わざわざ病院に行かなければならないため、医療脱毛クリニックには、その場所で治療できるというメリットもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です