このページの先頭です

医療脱毛は事前に剃り毛が必要!剃り毛代無料のクリニックも!

330views

投稿日:

なぜ剃り毛が必要なの?

医療脱毛を受ける前に必要なのが剃り毛です。むだ毛を脱毛するのになぜ剃り毛が必要なのか、それは医療脱毛の仕組みが大きく関わっています。医療脱毛で照射するレーザーは黒い色に反応します。このレーザーのエネルギーで毛根を破壊しています。

むだ毛が生えたままレーザー照射を行うと、むだ毛に反応してしまい火傷する恐れがあるのです。さらにむだ毛に反応するとエネルギー効率が悪くなってしまいます。

いつ剃り毛するの?

脱毛したい直前に剃り毛を行い、肌荒れが起きてしまうと施術が受けられないことがあります。しかし何日も前に剃り毛するとむだ毛が生えてきて意味が無くなってしまいます。そのため2日前から前日までに剃り毛するのがおすすめです。きれいに剃れなくても2ミリくらいの誤差なら問題ありません。

剃り毛の方法は?

カミソリでむだ毛を剃る方法では肌への負担が大きいです。特にむだ毛の流れに逆らう逆剃りという方法はカミソリ負けしやすいために注意が必要です。なるべく肌への負担を抑えるため、シェービングクリームを塗布してからカミソリで剃って下さい。

ただし手の届かない部位をカミソリで剃ろうとすると間違って傷を付けてしまう恐れがあります。傷が付くと施術が受けられないことがあるのです。そのため電気シェーバーを使用して剃り毛するのがおすすめです。レディースシェーバーなら産毛でも剃り毛しやすいです。しかし電気シェーバーでも見えない部位では剃り残りが発生しやすいです。

剃り毛対応が受けられる

クリニックでは剃り残しがあっても対応が受けられるために大丈夫です。手の届かない部位、見えない部位でもきれいに剃り毛して貰えると言うメリットがあります。ただし剃り毛代が発生するクリニックが多いと言う点には注意して下さい。剃り残しの場合は1000円ほどでも、剃り忘れの場合は3000円かかることがあります。

全身脱毛では自分で剃毛をするのは大変です。しかし剃り毛対応を受ける前に、幾ら掛かるのか調べておいて下さい。中には無料で剃毛をしてくれるクリニックもあります。

感染症は大丈夫?

クリニックで剃り毛対応を受ける時に気になるのがカミソリの使い回しです。カミソリの使い回しを行うと感染症へのリスクが高まります。血液や体液に含まれている細菌により、他の人へと広がるのが感染症です。特に粘膜部位であるハイジニーナは感染しやすいことがありました。

しかし剃り毛対応の際、カミソリを使い回しするというクリニックは殆どありません。カミソリは使い捨てしており、感染症のリスクは殆ど無いのです。価格の高い電気シェーバーではカミソリのように使い捨てするのが難しいです。

しかし自分専用の電気シェーバーを持参すれば、感染症の心配はありません。中にはわざわざ毎回持参しなくても良いよう、個別に保管しておいてもらえるクリニックもあります。

剃り毛した後はアフターケアを行う

剃り毛した後は肌に負担が残っている状態です。なるべくすぐに通常の状態に戻したいところです。剃り毛した後すぐに保湿効果のあるクリームなどでアフターケアを行って下さい。アフターケアを行った後の衣服にも注意が必要です。

化学繊維の衣服だと肌に負担が掛かることがあります。刺激の少ないコットンやシルク素材を使用した衣服がおすすめです。特に下着はシルク素材のものを選びたいところです。

剃り毛代無料のクリニックは?

リゼクリニック、レジーナクリニックなどでは剃り毛代無料となっています。剃り残し、剃り忘れがあっても安心です。ただし剃り毛するには手間が掛かるため、通常より施術時間が長くなると言う点には注意して下さい。脱毛したい時は暇な時間に剃り毛しておけば、忙しくなっても慌てずに済みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です