このページの先頭です

硬毛化と増毛化はおきないの?医療脱毛の気になるポイント

239views

投稿日:

医療脱毛でも硬毛化と増毛化はおきることがある

医療脱毛でよくある問題は、痛みに関する問題や、脱毛後のトラブルです。中でも光の刺激を受けることによってムダ毛が硬く、太くなってしまう硬毛化と、ムダ毛が増えたように見える増毛化は気になる現象です。

医療脱毛でも硬毛化と増毛化はおきる可能性がありますが、確立としてはかなり低いことに注意が必要です。部位によって異なるものの、硬毛化と増毛化がおきる確立は数%といわれています。

部位によって違うのは、硬毛化と増毛化がおきやすい場所が存在するからです。うなじや二の腕、背中など、もともと毛が薄い部分ほど硬毛化と増毛化がおきやすいといわれています。また、医療脱毛以外にも脱毛クリニックの光脱毛でおきる可能性があります。レーザーや光脱毛を行うなら避けて通れないリスクなのです。

しかし、一度異常がおきても、脱毛をしてしまえば治ることが多いのもポイントになります。レーザーで毛乳頭自体を破壊してしまえば、ムダ毛自体が生えなくなります。一時的に毛が濃くなっても、施術回数が残っていれば問題ない場合もあるのです。

また、硬毛化と増毛化に対する保証をつけているクリニックが多いのもポイントになります。1回から2回程度の脱毛を無料にしているケースや、期間内であれば格安で脱毛を受けられるケースがあります。

リスクが気になるのであれば、保証内容とセットでクリニックを選ぶのがおすすめです。硬毛化と増毛化の原因ははっきりしていない部分が多く、完全に防ぐのは難しくなっています。

しかし、様々な手法を組み合わせてなった後で治すということが可能なため、途中でやめたりするよりもしっかりと処置をしてもらった方が満足いく結果になりやすいのです。

どうしてもリスクが気になる場合はニードル脱毛をする方法も

硬毛化と増毛化が気になる場合はニードル脱毛をしてしまう方法もあります。ニードル脱毛は毛穴に極細のハリを刺し、電流などを流して毛乳頭自体を処理してしまう方法です。その場でムダ毛を抜いてしまうため効果がかわりやすく、永久脱毛になりやすいというメリットがあります。

一方で、費用の高さと痛みの強さがネックになることから、レーザー脱毛に主流の座を明け渡しています。ただし、より確実に永久脱毛を目指したい人や、ホクロや乳輪の付近など部分的に脱毛ができない箇所の施術にニードル脱毛を選ぶ人も存在するのです。

痛みが強いといわれるニードル脱毛ですが、機器自体が進化しているため痛みは小さく、施術時間も短くなる傾向にあります。かつて主流だったブレンド法という脱毛方式の場合は、毛乳頭の処理に1回15秒程度時間がかかりました。

現在はスーパーフラッシュ法やショートウェーブ法と呼ばれる方式が主流になり、1回あたり0.03秒程度の電流を流すことで処理を終えることができます。技術の進化により、おすすめしやすい脱毛法に生まれ変わっているのです。

どうしても痛みが気になる場合は、麻酔を併用する方法もあります。クリニックによってはレーザー脱毛やニードル脱毛に麻酔を利用することが可能なため、痛みに弱い人におすすめです。

追加料金を安く設定し、ハードルを下げているクリニックも多くなっています。ニードル脱毛を行えば、より確実に硬毛化と増毛化に対処できるのもポイントです。レーザー脱毛の効果には個人差が出やすく、回数がかさんでしまうこともあるからです。ムダ毛が目立つ状態は精神的に負担になります。

重い気分を引きずるよりも、多少お金を払ってニードル脱毛を選択した方が良いこともあるのです。ニードル脱毛も部分脱毛であれば費用を抑えられるケースが多くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です